ローンで買った車の支払いが終わったら名義変更!

中古車探すなら、ズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

ローンで買った車の支払いが終わったら、名義変更をしよう

車を購入する時にローンを組んだ場合、一般的に車検証上の所有者が「ディーラー」や「信販会社」になっています。

この状態を「所有権留保」と呼びます。

(銀行のマイカーローンなどは、留保がなく購入者名義になることもあります。)

そのため、これを自分の名義に変更する手続きが必要です。

名義変更に必要な書類

通常だと、ローンの支払いが終わったらディーラーから名義変更の手続きの案内が来ますので、それを見て手続きをしましょう。

必要な書類は、

  • 「印鑑証明書」
  • 「車検証のコピー」
  • 「自動車税の納税証明書」
  • 「住民票」(※車検証状の住所と今の住所が変わっている場合のみ)

です。

これをまとめてディーラーに返送すれば、あとはディーラーが手続きをしてくれます。

いつまで経ってもディーラーから名義変更の連絡がない場合もあります。その時はこちらから連絡して名義変更(所有権解除)の手続きはどうしたらいいか尋ねましょう。

自分で名義変更をする場合

通常は、上述したようにディーラーからの連絡を待っていれば良いのですが、例えばお店で買った車だがすぐに車を売りたい、誰かに譲りたいという場合には、自分で手続きをすることもできます。

必要書類は上記のものと、登録変更費用で500円かかります。

手続きは、陸運支局で行います。名義変更の手順については以下のホームページをご覧ください。

>>名義変更当日の流れ(車検と車の手続き案内センター)

なお、軽自動車については陸運支局ではなく、軽自動車検査協会で手続きをしますので、間違えないようにしてください。

手続きに、ディーラーからの委任状が必要ですが、陸運支局によっては支局の担当からディーラーへの電話連絡だけで済む場合が多いので、あらかじめ支局にそういった対応ができるか確認をしておくとスムーズです。

名義変更はしなくてもいい?

車を売る、譲るという予定がなくずっと自分で乗るという場合は、実は名義変更はしなくてもいいです。

中古車探すなら、ズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

面倒だからと車を廃車にするまでそのままという人もいるくらいです。

ただ、これから先どうなるかわかりませんし、急に車を買い替えることになるなんてこともないことはないので、時間のあるときにやっておくことをおすすめします。

車を高く売るなら

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

中古車を探すとき、雑誌を見たりお店を回ったりするのはもう古い!

ズバット車買取の中古車お探しサービスは、欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含め良質な中古車を中古選びのプロが紹介してくれます。

サービスの利用は無料なので、まずは気軽に申し込みしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする