車の買い替え、みんなの平均回数は?

車の買い替えの平均回数は?

7年に一回が最も多い

新車で購入したとして、2回目の車検を受ける前に買い替える人が多いということですね。

7年を過ぎると、きちんと整備していても調子が悪くなる部分も多くなり、部品の交換費用や車検費用も高額になってきます。

そのため、高い車検費用、整備費用を払うくらいなら買い替えようという考えになるもの頷けます。

年数だけで判断するのは危険

7年に1回という回数は、毎年1万㎞程度走行している人の平均回数です。

人によっては、仕事の関係で毎年2万~3万㎞も走るという場合もあります。

その場合は、買い替え時期は3年に一回というように買い替えの頻度は短くなりがちです。そのため、年数だけで判断するのではなく、走行距離も判断基準にするようにしましょう。

こんな買い替えをする人も?

7年に1回という平均回数が一般的ですが、他にはどれくらいの回数買い替えをしている人がいるでしょうか。

例えば、車好きの人は1年に1回の頻度で買い替えることもあるそう(!)

逆に「一度買ったら10年以上は絶対に乗りつぶす」という人もいます。

車の故障が少なければ損は少ないと言われていますが、実際はどうしても故障・劣化個所は増えますし、メンテナンス費用の高額化や、10年経過した車は売却時の価値がほぼゼロになるというデメリットがあることには注意が必要です。

実は7年に1回買い替えるのは損!?

買い替えの平均回数は7年に1回ですが、実はこの回数だと損をすることが多いのです。

では、何年に1回買い替えるのがお得なのでしょうか?

最も損しない買い替え回数は、5年に1回

理由としては、主に以下が挙げられます。

  • 5年を過ぎると査定価格が急落する
  • 5年目以降からメンテナンス箇所が多くなり、費用がかさみやすい

特に、5年過ぎた車の査定価格の下落ぶりは大きく、7年以上になると値段交渉も難しくなるため高く売ることは難しくなります。

また、5年ともなると車検費用は10万円~15万円ほどになり、タイヤ交換などの部品交換費用もプラスされるため、合計すると20万円~30万円以上の出費になる可能性が高いです。

さらに、車検を通したとしても、年数が経てば経つほど故障の可能性は高くなるので、その不安を抱えたまま乗り続けるのもストレスになります。

それらの理由により、5年目の車検を受けずに車を売却して買い替えるのがベストといえます。

まとめ

  • 車の平均買い替え回数は7年に1回
  • 年数だけでなく、走行距離でも判断する
  • 損せずに車を買い替えたいなら、5年に1回がベスト

車の買い替え回数、7年に1回が平均ですし、ベストは5年に1回ではありますが、子供が出来たなどの家庭の事情で買い替えに迫られる場合もあります。

そのような場合は、無理に年数や回数にこだわらずに買い替えを検討することも大事です。

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする