自動車購入はローン?現金一括?それぞれのメリット・デメリット

ローン

車を買いたいけど、現金一括じゃないと損?

ローンを組むと利息はどれだけ支払うことになるの?

このような悩みはありませんか?

この記事では、現金一括払いとローンのメリット・デメリットや、ローンを組んだ場合の利息がいくらになるかなどの情報を紹介しています。

この記事を読み終えると、自分の貯金額や状況に合わせてどう支払うのが良いかわかるようになりますよ!

現金一括払いとローン払いはどっちがいいの?

check!

【車を高く売るなら、この一括査定サイトがオススメ!】

ズバット車買取比較

・申込み、査定無料!

・ディーラーの下取りに出した場合に比べて5万円~40万円以上高く売れる!


結論からいってしまえば、その人の貯金額や収支状況によるため、どちらがいいとはいえません。

実際にネットの意見でも、現金一括派とローン派で分かれています。

現金一括派

金利を考えるなら、値引き分くらいすぐ超えてしまうので一括ですね

ひとまず買うのを我慢し、貯金ができたら購入。

また毎月数万を貯金し買い替え時に一括購入していけば、自分が老人になった時にローンしていた人よりは200万近くお得になってる筈です。

ローン派

貯蓄をいざという時のために残しておきたいので、ローンです。

将来の住宅ローンなどのために、ローンを組んで完済歴をつけたい。

 

このように人によって様々な意見がありますが、実際に自分の状況ならどちらがいいのか、次の項目からのメリット・デメリットなどを見ながら考えてみてください。

一括払いのメリット・デメリット

一括払いのメリット

月々の支払いがない、当然金利もからない

毎月の支払いがないというのは、金銭的だけでなく精神的にも楽です。

面倒な申込みや審査がない

書類を用意したり、サインしたりと手間と時間を節約できます。

車の所有者が自分になる

ローンを組むと所有権が信販会社になり、売却や譲渡に制限がかかります。
その点、一括払いだと購入した時点で自分のものなので制限がありません。

一括払いのデメリット

車を買える金額が貯まるまで時間がかかる。

車を買えるようになるまで、車なしで生活または今持っている車に乗り続ける必要があります。

貯金が一気に減るためリスクが高まる

車の購入に貯金を全額使ってしまうと、急な出費があった際に使えるお金がないというリスクを抱えることになります。

一般的に貯金は、30万円~50万円あればリスクに対処できるといわれています。
現在の貯金額と相談し、例えば貯金を30万円残して支払い、不足額があればその分をローンにするという方法もあります。

一括で買う前に注意すること

車購入後に貯金が残るか?

上述しましたが、いざという時のリスクに備えて30万円~50万円は残すようにすべきです。

直近でお金が必要になるライフイベントがないか?

結婚、出産、子供の入学、受験などのお金が必要になるライフイベントがないか確認しておきましょう。

ローンのメリットデメリット

メリット

貯金がなくても、必要になった時に自動車を購入することができる
  • 就職が決まったが、車がないと通勤できない
  • 車が故障や事故で乗れなくなり、買い替えが必要になった

などで、貯金がないけど車を買わなければならない時にでもローンであれば買うことができます。

金利が低い銀行と契約すれば、支払利息が抑えられる

ローンを組む際にもっとも気になるのが、金利です。

金利の低い銀行のマイカーローンで契約することで、支払利息を抑えられるので、ローンを組む際は必ず金利の低い銀行を探して審査を受けるようにしましょう。

デメリット

何年もローンの支払いを続けなくてはならない

一般的なローンの年数は、3年~5年です。

この間ずっと支払いを続けなければなりませんし、ローンが終わる前に事故故障で車が使えなくなるというリスクもあるということを理解しておきましょう。

車を譲渡・売却したい場合は、残りのローンを完済しなければならない
ディーラーローンの場合は、支払いが終わるまで車を担保としているため、所有権が信販会社になっています。

そのため、譲渡・売却をする場合は、残りのローンを完済して所有権を自分に戻してから行う必要があります。

高い金利で契約すると支払利息が大きくなりかなり損をすることになる

すぐに車が必要だからとあわててローンを組むと、高い利息を無駄に払うことになってしまいますので、焦らず金利をチェックして少しでも低い金利で借り入れするようにしましょう。

ディーラーローンと銀行ローンの違い

ローンは、ディーラーローン・銀行のマイカーローンの2種類に分けられます。

ここではこの2つのローンの特徴をまとめます。

ディーラーローンの特徴

  • 手続きが楽。営業マンが手続きしてくれる。購入の手続きと同時にしてくれる。
  • 審査が早い。即日で終わることも多い。
  • 借入金は、信販会社からディーラーに直接振り込まれる
  • 金利は高いが、比較的審査も甘い
  • 車の所有権が信販会社になるため、完済まで譲渡・売却ができない

銀行ローンの特徴

  • 自分で申し込みをしなければならないので、手続きに手間と時間がかかる。
  • 審査は時間がかかる。3日~10日以上かかることもある。
  • 借入金は自分の口座を経由して、ディーラーに振り込まれる
  • 金利が低い代わりに、審査は厳しい
  • 車の所有権は自分にあるので、譲渡・売却が自由

ローンを組んだ場合に支払う利息はいくら?

ローンを組んだ場合、どのくらい利息を払うことになるのか表にまとめました。

借り入れ条件

  • 借入期間:5年
  • 頭金:なし
  • 返済方式:元利均等
  • ボーナス一括払い:なし
借入額 2% 5%
100万円 51,636円 132,241円
200万円 103,301円 264,515円
300万円 154,968円 396,793円

実際に数字で見てみると、現金一括以外ありえないという意見もわかります。

しかし、ローンでないと車が買えない状況であるなら、なるべく低金利のローンを組むべきだということもお分かりいただけると思います。

金利2%であれば、5年で分割して支払うための手数料と割り切れる金額ではないでしょうか。

ローン払いにする前に注意すること

毎月、無理なく返済していけるか

いくら低金利のローンを組んだとしても、毎月の支払いで苦しむことになっては意味がありません。

事前に自身の収支状況を確認し、シミュレーションサイトでいくらまでなら無理なく返済していけるかを確認しておきましょう。

毎月の返済額に加え、車検(点検)代や維持費を払っていけるか

車は維持するのにもお金がかかります。

  • 車検の積み立て
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • メンテナンス費用(オイル交換など)

毎月の支払額と維持費を合わせて、無理なく支払っていけるかをあらかじめ確認しておきましょう。

よくある質問

ローンを組んで完済した履歴がないと、車や住宅ローンなどの審査に不利になるってほんと?

わかりません。

なぜなら、信販会社や銀行は審査内容を公開していないので確かめようがないからです。

ネットの情報でも「完済歴など関係ない」「関係ある」と両方の意見があります。

自身が「関係ない」と思うのであれば一括で払い、「関係ある」と思うのであれば購入価格の8~9割を現金で支払い、残りをローンにして完済履歴をつけるという方法をとることをおすすめします。

現金一括より、ローンで払ったほうが値引き額が多い?

ディーラー提携ローンの場合は、ローンを組むとかなり割引してくれる場合もあります。

なぜなら、

  • 提携ローン会社からディーラーにインセンティブが支払われる
  • ローン会社の金利に上乗せ()して利益を得ている

からです。

金利5%でローンを組んだ場合、ローン会社の金利が3%で、ディーラーがそこに2%上乗せして利益を得ているということです。

 

しかし、ディーラーローンは金利5%~8%と銀行と比べて高いので値引きがあったとしても、金利差で損をすることが多いので値引きに惑わされないようにしましょう。

現金一括払いでも値引きはしてくれる

現金一括払いでも値引きはしてくれます。

しかし、現金一括だから値引きしてくれるということはなく、この場で即決するからいくら値引きしてくれという交渉で値引きしてくれることが多いです。

まとめ

  • 一括払いは金利がかからないが、大きく貯金額が減るリスクがある
  • ローンはすぐに車が買えるが、金利の支払いが必要になる
  • 支払利息は金利が高いほど多くなるので、出来る限り低金利のローンを申し込む
  • ディーラーでローンを組むと値引額が大きくなるが、金利も高めなので結果、損だったということもある

ここまで読んでいただいた方は、一括・ローンそれぞれのメリット、デメリットをご理解いただけたと思います。

現在の貯金と収支を調べて、一括で払うならそのあとの貯金額は十分か、ローンを組むなら安定して支払っていけるかをシミュレーションしたうえで車を購入するようにしましょう。

 

ローン審査の基準や審査に通るための準備の仕方を知りたい方は下記の記事もおすすめです。

安い車(中古車・新古車)を探す方法

今は、中古車でも未公開車や新古車で良質なものが多く出回っています。

しかし中古車ショップを回ってもなかなか未公開車や新古車の情報は手に入りません。 ではどうすればいいかというと、下記のようなネットの中古車検索サイトを使って探しましょう。

ネットの中古車検索サイトは、探している車の条件を入れるとプロが代わりに状態の良い車を探してくれるので、車に詳しくない方はこのようなサイトを利用してはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました