車ローン審査の基準を知る【通りやすくするためのポイントは?】

ローン

車ローンの審査ってどういう基準で行われてるの?

審査に通るためにやった方がいいことは?

という疑問はありませんか?

この記事では、審査の基準や審査を通るための事前準備を紹介します。

記事を読み終えると、審査への不安や疑問がなくなりますよ!

この記事を書いた人
トショウ

福岡で働く、36歳のWEBライター。

これまでにローンでの車の買い替えを20回以上してきました。

その中で車をディーラーに安く買いたたかれたり、中古車ショップで高い利息でローンを組んで損をしてしまった苦い経験があります。

そのほとんどは知識不足が原因だと思い知り、自分のようにみなさんが車の買い替えの際に損をしなくて済むようにサイトを立ち上げました。

トショウをフォローする

審査の基準を知る

check!

【車を高く売るなら、この一括査定サイトがオススメ!】

ズバット車買取比較

・申込み、査定無料!

・ディーラーの下取りに出した場合に比べて5万円~40万円以上高く売れる!


まず知っておいてほしいのは、銀行や信販会社の審査内容や基準は公開していないということです。

しかし、どのような基準で審査が行われるかはある程度わかっていますので、以下にまとめます。

「自分の場合はどうかな?」と考えながらご覧ください。

年齢

未成年高齢すぎると、審査に通りづらくなります。

とはいえ、収入など他の内容に問題がなければ、保証人を立てることで審査に通る場合が多いので、未成年や高齢の場合にはあらかじめ保証人を誰にするか決めておくとよいでしょう。

収入

収入が高ければ審査に通りやすいというわけではなく、返済比率が重要です。
返済比率とは、年収に対する年間の返済額の割合で、下記の計算式で算出されます。

1年間の返済額()÷税込みの年収×100=返済比率
今回の借入額だけでなく、現在の借入額も含めます。

上記の計算式で出た返済比率が、30%以下だと審査に通りやすくなります。

ローンシミュレーターで返済比率を出す

返済比率は、下記のような計算サイトで簡単に出すこともできます。

ローンシミュレーター

借入額や返済期間、金利などを入力し、計算ボタンを押すと出てくる結果の中、下記画像の赤い枠で囲っている「年収に占める返済負担率」が返済比率のことです。

現在の借入額

現在、他の銀行や消費者金融から借り入れがある場合には、審査に通りづらくなります。

なぜなら、審査の際に今回の借入額だけでなく、現在の借入額も含めて返済していけるのかをチェックしているからです。

例えば、現在100万円の借り入れがあり、今回新たに200万円借り入れ予定での場合、合わせて300万円をしっかり返済していけるのかという審査になるということです。

雇用形態・勤続年数

正社員が最も審査に通りやすく、フリーター・自営業などは収入が不安定とみなされ審査に通りにくいです。

また、就職・転職したばかりで勤続年数が短い場合も審査に通りにくいです。
最低でも1年以上で、理想は3年といわれています。

申し込み回数

短期間に複数の信販会社や銀行の審査を受けていると、審査に落ちやすくなります。

なぜなら、審査を受けると銀行や信販会社は、信用情報機関に情報を照会するのですが、その照会回数が短期間に増えていた場合、無計画にローンを通そうとしていると判断されてしまうからです。

そのため、審査に落ちた場合は、後述する対策を行ってから改めて申し込むようにすべきです。

金融事故の有無

過去に、ローンやキャッシングなどで延滞したことがあると、審査に通りづらくなります。

なぜなら、前述した信用情報機関に延滞した履歴が残るため、また延滞するかもしれないと判断されるからです。

 

なお、携帯料金の延滞も履歴として残りますので注意が必要です。

金融事故の履歴を確認する方法

信用情報機関に問い合わせをすると、自身の金融事故履歴を確認することができます。

手続きは、上記サイトにパソコン・スマホ・郵送・窓口それぞれの申請方法が記載されていますので、そちらを参照してください。。

利用手数料は窓口での確認が500円、その他は1,000円です。

借入経験

見逃しがちですが、これまで一度もローンを組んだことがないという場合も審査に通りにくいです。

なぜなら、「過去に借り入れをして延滞なく返している」という履歴も審査をするうえで重要な情報だからです。

自分の場合、審査に通るか知りたい

審査に通るかは実際に申し込みをしてみないとわかりません。

なぜなら、上述した審査の基準や内容は、信販会社や銀行によって細かく規定が違うからです。

しかし、仮で審査を受ける「事前審査」という方法もありますので、以下で解説します。

審査に通りやすくするためにする3つのこと!

シミュレーションをする

事前審査の前に、まず欲しい車の価格帯(=借入額)を調べてローンシミュレーターを使い無理のない返済ができるか計算しましょう。

Aucservice » ローンシミュレーター

(金利は、銀行ローンの平均金利である3%で試算します。)

シミュレーションした結果、毎月の支払額が高かった場合は少し借入金額を下げて再度計算。これを繰り返して安定して支払える金額になる借入額がわかったら、次の事前審査の申し込みをします。

 

ボーナス払いや頭金、毎月の支払額の平均について知りたい場合は、以下の記事がおすすめです。

みんなはどうしてる?自動車ローンの平均を調査してみた!
自動車ローンを組む際、頭金や年数などみんなはどのように組んでいるか、その平均を知りたいですか?この記事では、頭金・金利・ローン年数・月々の支払額・ボーナス払いの支払額の平均をご紹介しています。ローンを組む際の平均を知りたい方はぜひご覧ください。

事前審査を受ける

審査に通るかあらかじめ確認する方法として、事前審査があります。
事前審査は審査に通るかいくらまでなら借りられるかをあらかじめ確認することができる制度です。

前述したように、本審査を受けると照会回数が増えてローンに通りにくくなりますが、事前審査なら照会回数に影響はないので、審査に通るか不安な方はまず事前審査を利用しましょう。

銀行ローンを探す場合は、以下のような銀行ローン比較サイトが便利です。

【イー・ローン】マイカーローンの検索・比較・シミュレーション・申込みならイー・ローン
マイカーローンの金利や融資条件を一覧比較。新車購入,中古車購入,車検,マイカーローンの借り換えをご検討中の方のお役にたつ豊富なラインナップ。マイカーローンのシミュレーションも。

なお、事前審査は銀行ローンのみの制度で、ディーラーローンではできません。

別の金融機関からの借入がある場合

この場合は、返済してから審査を受けることをおすすめします。

なぜなら他から借入がある場合、車を買うための借入額と合算されて審査されるからです。

例えば、現在30万円の借入がある状態で150万円の借入するため審査を受けた場合、銀行では今回借入する150万円ではなく、現在の借入額と合わせた180万円を返済できるかで審査するということです。

審査に落ちた場合

事前審査や本審査に落ちた場合は、以下の方法を試してみましょう。

  • 頭金を入れる(増やす)貯金をしばらくするか車売る
  • 車のグレードを下げる
  • 3月と9月の銀行の決算時期を狙って申し込む
  • 他の借り入れがあれば返済
  • ディーラーローン審査があまい

この中でも特に有効とされている方法をいくつか解説します。

頭金を入れる(増やす)

頭金を増やせば、それだけ借入額が減りますので、審査に通る可能性は高くなります。

  • 一旦購入をやめて貯金をする
  • 今乗っている車を高く売って頭金に充てる

今乗っている車を高く売るには、ディーラーの下取りではなく買取店へ売却しましょう。

一括見積サイトから申し込めば、複数の業者にまとめて査定依頼が出来るので交渉しなくても各業者が競って高い金額で売れやすくなるためおすすめです。

車のグレードを下げる

購入する車のグレードを下げて、借入額を減らせば審査に通りやすくなります。

  • オプションを減らす
  • 同じ車でも低いグレードを選ぶ
  • 中古車や新古車で探す

オプションを多くつけたり、グレードの高い車を選んでもローンに落ちてしまっては意味がありません。

借入金額を減らすために削れるところは削るようにしましょう。

中古車や新古車・未公開車を探すなら、中古車お探しサイトが便利です。
欲しい車の条件を登録すると、プロが条件に合う車を探して提案してくれるので、自分で中古車を探して状態を確認したりという手間が省けるのでおすすめです。

まとめ

  • 審査の基準を知って自身の現在の借入額や金融事故の有無などを確認
  • 自分の状況で審査に通るかはわからない。不安なら事前審査を受けましょう。
  • 自身の収支状況を確認したうえで、シミュレーションをしていくらまでなら借り入れしても安定して返済できそうか計算しましょう。
  • 審査(事前審査含む)に落ちた場合は、頭金を増やしたり車のグレードを下げたりして借入額を減らしましょう。

 

審査の基準はご紹介したとおりです。しかし、審査を受ける人や金融機関によって細かい基準は違うため審査に通るかはわかりません。

そのため、しっかり自身の収支状況を計算しローンのシミュレーションをしたうえで事前審査を受けるようにしましょう。

安い車(中古車・新古車)を探す方法

今は、中古車でも未公開車や新古車で良質なものが多く出回っています。

しかし中古車ショップを回ってもなかなか未公開車や新古車の情報は手に入りません。 ではどうすればいいかというと、下記のようなネットの中古車検索サイトを使って探しましょう。

ネットの中古車検索サイトは、探している車の条件を入れるとプロが代わりに状態の良い車を探してくれるので、車に詳しくない方はこのようなサイトを利用してはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました